ZANGIRIブログ


by zangirism

カテゴリ:未分類( 18 )

夏の風物詩

蒸し暑い日々が続いている。

夏といえばスイカであろう。

スイカは縁台で食べるのが王道である。
しかし、今のご時世、
縁台のある家に住んでいる人はそうはいない。

せめて外で夏の空気感の中でスイカをいただこう。

さあてと、そこで忍び寄ってくるのが、
夏の嫌われ者のモスキート(蚊)。

スイカとセットで用意するのが、
蚊遣り豚(かやりぶた)である。

このユニークな姿は、これまた一つの大衆芸術でもある。

c0203365_1734722.jpg

[PR]
by zangirism | 2010-07-30 17:04

石鹼について

だんだん汗ばむ季節になってきた。
c0203365_15323431.jpg

日中汗をかいた体をすっきりさせるのは、
もちろん、シャワーや入浴。

皆さんは、どんな石鹼やシャワーソープをお使いだろうか?

「お店で普通に売っているもの」。

多分このような回答が多いのでは。

その日、一日の自分の体への労りも含め、
ほんの少し贅沢な石鹼を使うことで、
体の汗と汚れを洗い流すのはもちろん、
心の疲れも洗い流すこともできる。

そういう観点を持てば、少し贅沢な石鹼といえども、
価格は、だいたいが1,000円以内。

しかも、数か月は保つわけだから、
案外安い買い物ではないか?

画像はTHANNの石鹼。 

たかが石鹼、されど石鹼。
1,000円で買える贅沢はいかが
[PR]
by zangirism | 2010-05-27 15:32

男のヒゲについて

ここ10年ほどの流れだろうか。
ヒゲを楽しむ男が増えたように思う。

様々なヒゲのデザインがあるが、
私は無精ヒゲが一番かっこいいと考えている。

しかし、かっこいいのは、
生え始め3日目というのが定説になっている。

その後は、少しずつカールおじさん化が始まってしまう。
眉毛整え用のハサミで整えたりもするのだが、
なかなか上手く整わない。

そんな悩みを解放してくれるのが"ヒゲトリマー" だ。

c0203365_13293431.jpg


これで3日目無精ヒゲの男になれるのなら安い買い物であろう。
[PR]
by zangirism | 2010-05-20 13:30

ペンについて

日常的によく使うアイテムにペンがある。

中でも、ボールペンは使用頻度が高い。

CAMPO MARZIO DESIGN社は、イタリア・ローマに1992年設立のメーカー。
見栄えに対して価格はリーズナブル。

ここぞというときに1本のペンに美学を求めてみるのはいかが。
c0203365_11564677.jpg

[PR]
by zangirism | 2010-05-11 11:56

絵画

c0203365_19363854.jpg


絵画を購入した。
諸岡理氏の『東京の夜』という作品である。

別事業でOPENする店舗で使うためだ。

どんなにかっこいいポスターでも、
生の絵にはかなわない。
そう思う一品だ。
[PR]
by zangirism | 2010-05-01 19:40

モバイルPC考

10年以上も前から移動が多い生活をしている。
移動はもっぱら新幹線。

移動時によく使うPCは、
パナソニックのLet's noteのR型。(10.4型)
小さくても十分すぎるほどの機能。
キーボードも大きく、企画書なんかも楽々。

しかし、SONYのVAIOのPシーリーズは、
さらにモバイルに適している。
キーボードの小ささは許容範囲、
液晶文字の小ささには厳しいものもあるが、
やはり、その大きさや軽さを考えると検討に値する。

ずっと購入を考えていたが、
何と先日、顧問税理士の先生より、
プレゼントしていただいた。

嬉しかった。

c0203365_18164123.jpg


c0203365_18171873.jpg


大切に使いたいと思う。
[PR]
by zangirism | 2010-03-18 18:20

デジタルカメラ考

新しいデジタルカメラを購入した。
購入のポイントはマクロ撮影に強いということ。

デジタル一眼レフ、デジタル一眼なども候補に挙がったが、
色々な角度から検証して選んだのが、
リコーのCX2という機種だ。

c0203365_12441176.jpg


このカメラのマクロ撮影能力を顕微鏡並みと喩える専門家もいるほど。
今年は、商品撮影などに大いに活用したい。
[PR]
by zangirism | 2010-01-06 12:39

イタリアの美学

イタリアといえば、ファッションや車、家具など、
素晴らしいデザインを生み出し続ける国として、
誰もが認めるところだ。

街を歩いて、イタリア美を感じたものを少し紹介したい。

c0203365_827126.jpg

ローマのスペイン階段近く。AMEXのオフィスもおしゃれ

c0203365_828469.jpg

兵隊さん(?)の制服もかっこいい

c0203365_8303578.jpg

マクドナルドも街の景色に干渉しないような看板を採用

c0203365_8385022.jpg

さりげなくディスプレイされていた美しいOILボックス

c0203365_19115816.jpg

何気ない普通のカフェにあった食後酒のディスプレイ

c0203365_8421016.jpg

訪問先のマネージャーに招待されたルッカのレストランのバー

c0203365_8434463.jpg

最後の夜、食事をしたローマのレストランの大きな壁絵

c0203365_8445139.jpg

いうまでもなくコロッセオ(夕暮れ時の息を呑む美しさ)

ほんの少し街を歩くだけで、美しい風景に出逢えるのはイタリアならでは。
[PR]
by zangirism | 2009-12-03 08:33

コーヒーマシン考

寒い季節になってきた。

夏のコーヒーもいいが、寒いときに飲むコーヒーはひとしおである。

弊社のワークルームでは来客時、早くて、手軽で、
それでいて本格的なコーヒを出したいと考え、
ネスレのドレスグスコを使っている。

お勧めは、カフェオレ。

皆様も、この冬ご家庭に購入されてみてはいかが。

c0203365_9585199.jpg

[PR]
by zangirism | 2009-11-08 10:01

パソコンケース考

c0203365_11413549.jpg


今や、誰でもが1台は持っているパソコン。

中でもノートパソコンは持ち運びもできるために、
デザイナーなど特別な仕事をしている人以外は、
デスクトップではなく、ノートパソコンを選んでいるのではなかろうか。

しかし、ノートパソコンを持ち運ぶための、
パソコンケース(キャリングケース)には、
本当にいいものがないのが不思議である。

つまり、お洒落ではない。

画像のブラックのケースは革メーカーにつくっていただいたものだ。
ハラコのケースはドイツのアッカー社のもの。

実用品にお金をかける時代ではないかもしれないが、
見えぬ部分にも気を配る粋というのもが、あっていいのではないか
[PR]
by zangirism | 2009-10-22 11:41